読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜日、低気圧のせいなのかかなり頭痛がひどくて夕食を食べたあとにたまらず薬局で頭痛薬を買って飲んだ。

しかしこれが悪くて、胃に負荷をかけたみたいで吐き気もやってくるし頭痛はさほど治まらないしでソファの上で身じろぎひとつできずに苦しんだ。

水を飲むのも精一杯で、だんだん指先が少し痺れてきた。今思うと貧血っぽかったかもしれない。悪寒もしてきてこの蒸し暑い時期にパーカーをかぶってちょうどよくなったので、相当具合が悪かった。

あまりにひどいので胃薬を飲んで、1時間くらいじっとしていたらだいぶよくなった。

体との相性とか時々の体調とかあるにせよ、こういうことがあると気安く薬を飲まずになんとかするほうがのぞましいと思うよなあ……。

立華高校マーチングバンドへようこそ (前編)

読んだ。10月からセカンドシーズンが始まるのできっと新作が出るだろうと思っていたけど、まさかの立華高校とは思わなかった。

北宇治での話は特別に憧れる人とその熱に浮かされた人というかたちだった。立華高校シリーズで特別なのは梓だけど、本人に自覚がない。
自覚がないけど熱量がある人は自分の特別さを普通とラベル付けしてしまって周りの人間を苦しめてしまう。

梓は特別な熱を持っているけれど、でも人としての器はそこまでではなくて、器が追い付くのかどうかという話が続くのだろうと思う。

初心者だった同級生に対する焦りや嫉妬を抱える先輩の気持ちは今でこそわかるような気がするけど、高校生の頃はもうちょっと単純にしか考えられなかったような気がする。彼女たちが特別そういうことに自覚的なのか、それともあれくらいの年代の女の子はおしなべてそういうものなのか。

あと、この作品は時々やけにフェティッシュな視線を女の子に向けがち。男のものとは異なる視線で、彼女らはこういうところもこう見るのかと考えると、見てはいけないものを見てしまったような気になる。

好きな人と何をしたいかというと、話を聞きたい。

好きなもの、嫌いなもの、印象深かった人のこと、家族のこと、ひっそりと続けていること、XXXの話、などなど。

そういう話を聞かせてもらうことって人生の断片をわけてもらうことであり、まったくの他人同士の人生が重なるということをとても尊く思う。

撫物語

撫物語 (講談社BOX)

撫物語 (講談社BOX)

話の骨子が「猫物語 (白)」っぽいなと思った。そんなことを言ったらセカンドシーズンの話っぽいか。

よく思い返すとセカンドシーズンにおける撫子は神になって暴れ回って何も解決しないままファイナルシーズンを迎えたのだった。暦を除く他の登場人物はセカンドシーズンである程度しこりを解決していたのに対し、そうではなかった。

以前に貝木が「闇の心」と言っていたけれど、別に撫子が特殊というわけではなくて単に他の登場人物より年下でそういう時期が遅れてやってきただけで、それがオフシーズンにずれるという結果になったのかな、と思う。

しかし同じような話が続いてさすがに飽きてきた。だから梃入れというわけではないと思うけれど、老倉さんが出てきたことは意外でおもしろかった。

ファイナルシーズンでは破滅的というか完全に破滅しきって世捨て人みたいだったけれど、撫子にお姉さんらしく振る舞うし、なんだったら「すぐに後ろ向きな独り言を口にするナイーブな女の子」にデフォルメされていた。その落差が怖くもそう描く作者が気持ち悪くも思うけれど、しかし暦以外の人間から見たらそういうものなのかもしれない。あるいは撫子だからかもしれない。

人間が破滅しきっているかどうかなんてわからないし、そもそも知りたくもないだろう。あるいは破滅しきっていると考えるのだって暦の、読んでいる自分の悪い癖かもしれない。

Fulltone OCD と Walrus Audio Mayflower

Fulltone OCD

https://www.instagram.com/p/BIMO7MvD5AT/

並行輸入品が安かったので買った。

Volume: 2時、Gain: 7時 (0)、Tone: 10時くらいで、クリッピングは HP にしてクリーンブースターとして使ってみている。

きれいにボリュームが上がってクリーンブースターとして理想的。音圧もけっこう上がる。

試しに Gain を上げてみたけど、けっこう歪むので驚いた。パッケージを見ると Overdrive/Distortion と書いてあるのは本当っぽい。

Walrus Audio Mayflower

音がペコペコにならないプリアンプがほしくなって BD-2 の代わりを探してこれを買った。梅田ロフトの島村楽器に置いてあったので Voyager と併せて試奏させてもらった。

Treble と Bass があって単なるトーンコントロールより勝手がよい。いまのところコントロールはほとんど12時くらいでボリュームだけ1時くらい。

ギターのボリュームやピッキングでクランチとクリーンを行き来できてまさにプリアンプとして使うに相応わしい。

ゲインを上げると深く歪むのでメインの歪みにも使えそう。

2日くらい弾いてみた感想としては、あまり Treble を上げなくてもきらびやかさが出て求めていたものに近い。

LED がスノーホワイトできれいだし、筐体もおしゃれでかわいい。Walrus Audio の他のペダルも筐体がいいし、一緒に試奏させてもらった Voyager も音が好みだったので集めたくなりそうで怖い。

OCD も Mayflower もまだラインでからの音しか聞いてないので、早くアンプを通した音を聞きたい。

大人になってもいいことなんてないと思っていたけれど、今の環境は理不尽な他人からの悪意がとても少なくて気が楽だ。

世の中にはこういう人間ばかりで、死ぬまでこの地獄が激しくなることはあれども緩むことなんてないと思っていた。

子どもが見ている世界は狭いからと正論は言えるけれど、意味のない正論のひとつだ。見える世界がそこだけのままなら、火事場にいる人間に油を浴びせるのと変わりはない。

たまたま生き残れただけで、強くもなんともない。