日曜日

土曜の夜は遅くまでコード書いていたので気がついたらいい時間だった。それから寝たので起きるのも遅くなった。

紅葉でも見に行こうかなと思って北野天満宮のもみじ苑を調べたらもう終わっていた……。忙殺されているうちに毎年楽しみにしていたイベントを忘れてしまうなんて悪循環極まれり。
思えばここから調子が狂いはじめた。

すっかり日が短くなってきたので、いつもはパンを買ってきて家で食べてから出かけるけど、その時間も惜しい気がして外で食べることにして家を出た。

いつも行かないところにしようと思って出かけたはいいものの、あてがひとつふたつと外れてしまい、悩んで行き馴染みのところにした。
おいしいからいいけど、Google Mapsによると2週間ぶりらしい。ちょっと行きすぎている。

無事にお昼をいただけたけれど、混んでいて時間がかかり結局家で食べてから出かけるくらいの時間になってしまった。

最近京都御苑に行ったし、この時間から貴船や南禅寺に行っても混んでるよなあ、などなど悩んだ末に宇治に行くことにした。

とにかく散歩することにしたら、紅葉のこととかいろんな残念なことを忘れられるはず。

そう決めてからは不思議と心にもゆとりができて、三条駅で特急まで15分くらい待つのも苦じゃなかった。中書島までとはいえ特急に乗りたいから快速急行のロングシートは物足りない。

宇治に着いてから特に何も決めていなかったので堤防沿いに三室戸まで行って帰ってきた。堤防の工事をやっていて、思いの外に川が近かった。
堤防にベンチがあってそこで楽器の練習をしている人を見かけたことがあったと思うけど、見当たらなかった。

宇治川の広い堤防からの眺めは実家のまわりをよく思い出す。橋の下で花火したな、とか。

宇治駅のあたりまで戻って、信号を渡って源氏物語ミュージアムのあたりまで歩いた。日は落ちてすっかり暗く寒くなり、行程だけ振り返ればなんとも寂しいけれど不思議と楽しい。
道を歩くことほど刺激に満ちていることはない。

橋の上では観光客っぽい二人組が真っ暗な中、スマフォで写真を撮っていた。

折り返して宇治駅に戻り、京阪で祇園四条まで。四条河原町でスーツを買った。大学入学の時に買ったスーツは引っ越しの時に捨てたので、妹の結婚式用に買わねばと思っていた。

安いやつにしようかと思ったけど18,000のものと28.000のものだと明らかに生地の触り心地が違うし、冠婚葬祭いろいろあるよなと思ったら償却できるでしょと思い、28,000のほうにした。

後悔はないけどHTC U11を買ったばかりなので大きい出費が続いて厳しい。出費は昇給でカバーがモットーだけど、さすがに今月は控えようと思った。

HTC U11を買った

HTC U11 | HTC 日本

これまでHTC One M9を使っていてパフォーマンスにまだ不満はないものの、指紋リーダが無くてロック解除が面倒なのと前に買い替えてから2年以上経っていて、タイミングを逃すといい端末をいいタイミングで買えなくなりそうなので買い替えた。

特に指紋リーダが無いのは結構深刻で、所属している会社のルールで業務で利用しているWebサービスにアクセス可能なデバイスにはセキュリティポリシーに則したロックを施すことが求められている。
普段から個人でも使うサービスのアカウントがそれに含まれるので、当然スマートフォンにもルールは適用され、そのポリシーというのが数値のみのPINは許可せず英数字を含むパスワードか指紋認証にせよ、というものなので指紋リーダないと必然とパスワードロックするしかなくなる。
これがあまりにもつらいことが、実は買い替えに踏み切った最も大きな理由かもしれない。

HTC U11の他にはEssential PhoneとかHuawei P10, 最近のXperiaあたりを考えたけれど、Essential Phoneはカメラの評判があまりよくないので見送り、Huawei P10はいまいち見た目がしっくり来ず、Xperiaに至ってはそもそも現行がどれなのかモデル名からまったくわからないかんじで調べるのも面倒になって候補から消えた。
ほか、HMD Globalが出したNokia 8も気になったけど日本で出ていないし当然技適も通っていないっぽいので、やはり候補から外れた。

もっと安い端末にしようかとも思ったけれど、前に使っていたHTC One M9がフラッグシップで今でも遜色のないパフォーマンスなので、下手な端末を買うとがっかりすることは目に見えていたので、高い買い物が続くなあと思いつつも続けてフラッグシップを買うことにした。

HTC U11はGoogle Pixel 2の元になったみたいで、カメラの性能やEdge Sense (Pixel 2ではActive Edge) と呼ばれる側面を握るジェスチャ対応などが共通している。

Google Pixelが選べるとよかったけど、日本で発売されていないこともそうだし、初代PixelはともかくPixel 2に至っては日本で使うには現実的じゃない対応周波数なので見切りをつけてしまった。

こう書いてみるといかにもHTC U11を選んだのは妥協の産物のようだけれども、実際はずっとHTC端末を選んできて良さはわかっているし信頼もあるので真っ先に検討していた。
たまには別メーカーの端末を選んでみようかなと思ってあれこれ調べたけれども、どうにもしっくり来ず、予定調和としてHTC U11に落ち着いたという次第。

auとソフトバンクから発売されているが、どちらのキャリアに戻るつもりもないし、日本モデルだとRAMが4GBのモデルだけで損しているのでどうせ一括で7万くらい払うならと思ってSIMフリー版を買った。
せっかくSIMフリー版を買うので色はSolar Redにした。

斜めから見るとゴールドっぽい色が見えたりしてとても綺麗。ちょっと前にHTC J Butterflyが出てレッドカラーがあったけど、あれは手にとってみるとすごくプラスチッキーで好きになれなかった。HTC U11の背面はガラスだけど金属みたいな艶があって高級感がある。

つるぺたなので指紋が目立ちやすいけど、クリアケースが付属しているのでこれを付けると気にならない。厚さもかさばりすぎずほどよいかんじで、ケースはこれでいい。

ディスプレイは5.5インチでHTC One M9の5インチより大きくなったなという感覚はまだある。いよいよ片手で持つのも大変かなと思うけど、スマフォを買い替えて画面が大きくなるたびに同じことを考えてきた気がするし、そのうち慣れそう。

ジーンズの尻ポケットに入れて歩くと半分以上はみだすので、いよいよここに入れっぱなしにするのは心許なくなってきた。



カメラの画質がとてもよい

カメラの画質は評判通りでとてもよい。デフォルトでオートHDRがオンになっていたことにしばらく気付かなかった。
それくらい自然なHDRで、かつダイナミックレンジ向上に貢献して画質がよい。

さらにEdge Senseという側面を握るジェスチャですぐにカメラを起動し、シャッターを切れるのがとても便利。

操作性に難があるのでスマフォはいくら画質がよくなってもプロパーのカメラがほとんどの場合で便利だろうと思っていたけれど、HTC U11を触っているとそうでもなさそうだと思える。


接続端子がいよいよMicro-USBからUSB Type-Cになったので外出するときはケーブルが少しかさばりそう。

いまは付属のUSB-A ←→ USB Type-C (Quick Charge 3.0対応) のケーブルだけで生活しているけれど、仕事用Macがtouch bar搭載モデルになったので、ついでにUSB PD対応のACアダプタを買おうかなと思っている。




春に大学受験をして出願した覚えのない大学から合格通知が来る。

 

母が喜ぶが東京の私大なので学費払えるかなあとぼんやり心配する。

 

夜、山の上の海(?)にでかける。

浅瀬でつりをしている人がたくさんいる。

昼に聞いたとおり、ここらへんはウーパールーパーがたくさんいて、しかもワニくらい大きい。

体が海草でできていて顔がないウーパールーパーもいる。

 

飽きたので京都に帰ろうとするが右は鞍馬で左は山中越。

鞍馬のほうを通るバスは観光客が多くて遅いだろうなあと躊躇する。

 

バス停に同僚もいて出くわしたのでタクシーに相乗りして帰ろうということになる。

 

山中越を通る方面は誰もいなくて簡単にタクシーがつかまった。

運転手がやけにぼんやりしていて覇気がないのが気になる。

 

途中、道路上の柵にあきらかにぶつかるが衝撃はない。

 

大丈夫かな、京都のタクシーはこれくらい雑でしょうとか雑談する。

 

大きな交差点を越えた瞬間「ろくに眠れず安月給だとくるくるぱーになって車もくるくるぱーでーす」と運転手がやけに調子のはずれた声で叫ぶ。

運転手がブレーキを何度も踏んでいるが車は気味悪く滑りつづけて、やがて前にとまっていたダンプカーの下につっこむ。