ブログ・日記を続けるという感覚がよくわからない。

のべ年数でいうとこの日記は2009年から書いているけど毎日書いているわけではなく、虫食いである。

続けているという感覚も希薄だけどやめたと思ったことも一度もない。

 

毎日自分は感じ続けているし、それを他人に話したり、飲み込んだり、日記につけたりするだけ。

呼吸を続けています、呼吸をやめますとは言わないのと同じだと思う。

 

でも続けていると言いたい気持ちもちょっとわかる気がして、今まで習慣づいてなかったことができるようになったら成長できたかんじがするし自慢もしたくなると思う。

 

地震

大阪で震度6弱 今後1週間程度 十分注意を | NHKニュース

 

朝方まどろんでいるときにドカン!と大きくきてからズズズとけっこう長く揺れた。

住んでいるマンションは床や壁が薄いうえに朝夜おかまいなしに掃除機かけるような隣人階下階上のみなさまばかりなので、最初は寝ぼけてやけにうるさい足音かとも思ったけど長い横揺れで急に目が覚めてきた。

 

京都は震度5らしく、家の中の被害はそこそこだったので意外とこんなものなのかなという気がする一方、大阪は震度6で社会インフラに影響が出ていたので明日は我が身だなと思った。

別になにがあるわけではないけど学生時代に住んでいた茨木や高槻も被害が大きいようでちょっと悲しい気持ちになった。

Kyashの端数を送った。端数どうしようか悩むのでこういうの便利でありがたい。

凛として時雨 TOUR 2018 Five For You 〜Vacuum The Hall Edition〜

  1. Chocolate Passion
  2. High Energy Vacuum
  3. SOSOS
  4. Enigmatic Feeling
  5. DIE meets HARD
  6. I'm machine
  7. a 7days wonder
  8. Serial Number of Turbo
  9. abnormalize
  10. 鮮やかな殺人
  11. I was music
  12. DISCO FLIGHT
  13. Telecastic fake show
  14. a symmetry
  15. Sergio Echigo
  16. #5

2008年発売の“moment A rhythm”でSMARからデビューして10年、活動開始してから15周年という節目の2018年、Five For Youツアーの追加公演。

大阪はフェスティバルホール、東京は国際フォーラムAというサブタイトル通りホール会場にての2公演。

どちらもライブハウスよりずっと大きなキャパシティを湛えた大きな会場だけれどもステージの中心にはいつもの間隔の三角形がある。そういう変わらなさがある一方で、セットリストや演奏はもちろんライトワークは会場を活かした趣向が凝らされている。

そういった押しと引きをうまく操る彼らにずっとドキドキさせられてきたのだと実感させられる2公演でした。


“Chocolate Passion”はMV踏襲のスポットライトオンリーだけど、ツアー本編から少しずつアップデートされている。

www.youtube.com

東京の“High Energy Vacuum”ではギターのブラッシングでカウントを取って入るはじめてのアレンジ。

久しぶりの“SOSOS”はラウドな曲調の中にある細かな動きを再発見でき、ホールの良さを感じた。

“DIE meets HARD”はツアー本編よりギターが歪んでいてCD音源より長く溜めるチョーキングとあわせて攻撃的なイントロになった。Aメロの「ハチミツ色に彩られた絶望」という歌詞にあわせたハチミツ色のゆらゆら揺れる照明がマッチしている。

「支配したいな」からはCDと違ってタムの押し出しが弱いせいか不安定さの感じるスリップビートで、それもまたかっこよかった。だからこそギターソロの4ビートのタイトさが際立つ。

www.youtube.com

シングルと同じ流れで演奏されたカップリングの“I'm Machine”はイントロのスネアがホールに高く響き会場の良さが引き立つ。サイケデリックでカラフルな照明はまさにタイムマシンのようにワープしてしまうのではないかと思えるほどに非現実的で、極彩色を使うことの少ない時雨のライブで文字通り異彩を放った。

CD音源からアレンジを変えて最後の「なぜ」はシャウト。エコーと共にホールへ消えていく悲痛な叫びは唐突で、飲み込む間もなく断ち切るようなギターストロークで終わってしまう。

16ビートのファンキーなハイハットから始まるアレンジの“a 7days wonder”. 後のソロプロジェクトの系譜を感じさせる初期のこの曲は長らく演奏されていなかったが、ソロとそして時雨を咀嚼しなおした2018年に演奏されたこの曲は間違いなく凛として時雨の曲になっていた。

カラフルなギターの音色とリリース当時よりタイトになった16ビート、再現を目指すのではなく3人で再構築された“a 7days wonder”.

「7 days wonder」というワンフレーズの瞬間、他の楽器の音が止みスポットライトに照らされた345の伸びやかな歌だけがホールに響いた瞬間を思い出すといまでもゾクゾクする。

“Serial Number of Turbo”のファルセットを使ったTKと345のデュオはツアー本編の“Who's WhoFO”より格段に安定感があり、ピンク色の揺らめく照明と共に幻想的だった。

“abnormalize”は比較的定番といえる曲のひとつだと思われるが、大阪では点滅するバックライト、東京ではTKを照らすスポットライトと今までとは趣向の異なるライトワークでともすればマンネリに陥りがちなナンバーに彩りを添えていた。

MCを挟んでの後半はデビューアルバムの『#4』から“鮮やかな殺人”で再開。曲想にあわせてなのか少し若いというか幼い声色のTKの歌い出し。

メッセージですらないような不可解なアンサンブルは最初からずっと「鮮やかなクラクション」で、ただ人々の注意を求める原始的な信号だったかもしれない。

“I was music”, “DISCO FLIGHT”, “Telecastic fake show”は小さいライブハウスのフロアと変わらない熱気をずっと大きなホールに起こしていた。

“Telecastic fake show”をやった直後にも関わらずハイハット4つのカウントインに戸惑い一瞬なにがなんだかわからなくなってしまうほど突然の“a symmetry”.

「殺したい今ではないよ」からの怒涛のシャウト、ホールに消えていく「まだ誰もいないのに」の余韻の中、天井から降りてくるミラーボール。「“Who's WhoFO”かな?」と思うが聞こえてくる4カポ開放のGとD. まさかまさかと信じられないうちにスネア2つ、キック2つが響く。

ミラーボールから注ぐ青いライトと、オレンジ色のバックライト。サビの「言葉を吐く trasty loose」からは赤と緑が注ぐ。

E-morに転調するとブルーグリーン、G-morに戻ってきた3拍子からは赤いライト。

サビの重たいビートを強調するように響くキックの低音。

弾き語りや当時の高崎フリーズのライブアレンジとは異なりアレンジはCD準拠の4小節からなるブリッジを経てE-mor. クランチの乾いたカッティングは弾き語りでも聞いたことがなかった未知の世界。

「行方知れず 青木華絵 背中見せて少し笑う」から始まる最後の120秒のためのイントロダクションだったのかもしれないと思えるほどのなにかを感じずにはいられなかった。

ずっと聞きたかったけれど10年近くやっていなかった“Sergio Echigo”がまさか聞けるとは思わず感極まってしまった。どれが劣っているということではないけれど、2018年の彼らがやる今の“Sergio Echigo”が史上最もかっこよくて、過去のいつにも負けていないことに感動した。今を見ていることがいちばん幸せだということがなにより嬉しい。

Sergio Echigo

Sergio Echigo

  • 凛として時雨
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

とにかくずっと追い続けていれば絶対にかっこよくて美しいものが見られるという確信が強固なものになり、それがとても心強くて嬉しくて仕方がないとても幸せなひとときでした。

彼らにとってはもちろん、自分にとってもメモリアルな公演となったと思う。

凛として時雨名義のライブの予定は一旦白紙になってしまいその虚脱感に負けそうになるけれど、記憶も薄れて毎日に溺れそうになるころにまた会えるその時を糧にがんばろうと思うのでした。

本当に本当にありがとうございました。メジャーデビュー10周年・結成15周年おめでとうございます。

凛として時雨 TOUR 2018 Five For You Vacuum The Hall Edition @ フェスティバルホール大阪

https://www.instagram.com/p/Bje5XH_hyjz/

あーあのミラーボールが降りてきて #5 のアレかなと思うのですがカポとチューニングの感じが違ってあれ?となりいろいろありいろいろあってクルクルして口あけてたらおしまいになった

SONY α7R III + FE 90mm F2.8 Macro G OSS + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Artを買った

α7R IIIを買った。PENTAX K-1とFUJIFILM X-E3が (まだ) 手元にあるので3マウント体制になった。どうしてこうなった。

動機

dc.watch.impress.co.jp

PENTAX K-1自体は気に入っているし50mmが好きなのでDFA★ 50mm F1.4の発売を楽しみにしていたのだけれども延期してしまった。 6月にまた旅行に行こうと思ってそれに持っていけたらいいと思っていたのだけれど、なにもかも狂ってしまった。 これが最も大きな理由。

ほかは、写りはいいもののもうちょっとスリムだったらなあとか、X-E3でEVFを使ってみてMFのしやすさを実感したりだとか、そういう小さなことが重なって後押しされた。

一応、X-E3を持っているのでXマウントも考えたけど、35mm判で36MP (8Kを越えている) を体験してしまうとトリミング耐性とかもろもろを踏まえてAPS-Cはないかなと思うし、ボディに手ぶれ補正が搭載されているのがX-H1のみでスペック的にも評判的にもスチルよりムービー寄りっぽいかんじでしっくりこない。

似たような理由でキヤノンもニコンも対象外、MFTに行くのであればXマウント (APS-C) でいいのでやはり対象外。

最後の一歩はシグマのArtシリーズがFEマウントでも発売されることだった。

ファーストインプレッション: α7R III

小さいし軽い。画質はぶっちゃけ36MPのPENTAX K-1と比べて見栄えするほど違うというかんじはしない。高感度についても同様。 もともとダイエットしたいというのも目的のひとつだったから、それ以外の点で代わり映えしないのは好意的に捉えている。

静物しか撮っていないけれど、ゾーンワイドAFで適当に撮ってもだいたいいいかんじのところに合焦するし勝手がいい。

EVFはX-E3より画素数が多く見やすい。晴天下で静物を撮るかぎりにおいてはOVFと遜色がない。ちょっと暗くなるとゲインが上がってEVFっぽさが出てくるがいまのところ差し支えない。

AEが賢い、というか自分の好みに近い。PENTAX K-1だと0〜-0.7EVくらい補正しないとハイキーに過ぎるきらいがあるけれど、α7R IIIではほとんど補正しない。

ファーストインプレッション: SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art

うわさのArt銘レンズ。

FEマウントでは50mm付近だと他にツァイス銘の50mm F1.4と55mm F1.8、ソニー銘の50mm F1.8がある。 KマウントではDA★55mm F1.4を使っていたので、多少大きく重くてもF1.4の明るさがほしいのでツァイスも考えたがちょうど先日発売されたシグマのArtにした。

FE 90mm Macro F2.8 G OSSと大きさは同じくらいだけれど重さはこちらが重い。数値で180gくらい重い。

開放からシャープだし逆光でフレーム内に光源があってもゴースト・フレアは発生しないので安心。

付属のフードはインジケータはON/OFFと回転方向が書いてあって地味だけど親切。

ファーストインプレッション: SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

乗り換える前からこのレンズを買うことは決めていた。X-E3を触ってMFを多用するマクロとEVFの相性がいいことを感じていた。 見た目に反して680gとけっこう軽い。

開放からシャープだしAFもけっこう速い。フォーカスリミッタがオフの時は迷うときがしばしばあるけれど、そういう時はMFかリミッタをオンにしたら合う。

マクロは前に手放したsmc PENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limited以来で、ワーキングディスタンスを確保しやすい90mmなのでとにかく撮るのが楽で楽しい。 早速、京都府立植物園に行ったら薔薇が見頃だったこともあってめちゃくちゃテンションが上がった。

90mmくらいの画角が好きだなあと実感した。 いままでAPS-Cのカメラに付けたFA 77mm F1.8 LimitedかDFA★ 70-200mm F2.8くらいで、PENTAX K-1に移行してからはとても重い望遠ズームしかなかったので、身軽さが手に入ったのは嬉しい。

金策

以下のレンズなどを売った:

  • PENTAX HD DFA★ 70-200mm F2.8 ED DC AW
  • smc PENTAX DA★ 55mm F1.4 SDM
  • smc PENTAX FA 77mm F1.8 Limited
  • PENTAX D-BG6

70-200mmはズームだけど写りがとにかく良いけれど、大きく重いので持ち出す機会がなかなか増えなかったので処分することに。 いままで買った中で最も高いレンズで、買った時は脂汗かくくらいドキドキしたのもいい思い出。

55mm F1.4はSIGMAと被るため。77mm F1.8は悩んだけれどFEマウントのレンズを買う時の持ち出しを減らしたかったのと、フルサイズに移行してから77mmの微妙な焦点距離が扱いづらく感じることが多かったので売ることにした。 貧乏学生だったときによく買ったなあという思い出とかが蘇えるけれども、α7R IIIではAFが使えないのでまたいつか……。

いま手元には:

  • PENTAX K-1
    • smc PENTAX FA 31mm F1.8 AL Limited
    • PENTAX HD DFA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
  • FUJIFILM X-E3
    • FUJIFILM XF 23mm F2 WR

……がある。

FEマウントでの広角レンズをどうするか決めるまでは、広角ズームとK-1は置いておこうというつもり。 X-E3もコンパクトで気軽に持ち出しやすいから、とりあえず保留。

これら5つを売るとFE 16-35mm GMと10万くらいの標準ズームに変えられるけどどうしたものか悩む。 XF 23mmあるいはFA 31mmに相当する気軽に付けて持ち出せる広角レンズが欲しい気もして、FE 28mmにしようかどうしようかというかんじ。

FE 28mmにしたらFE 16-35mmと微妙に被るよな、とか……。

旅行までには広角ズームをどうにかすると思うが、はたして。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3