フィンランド #3, エストニア #1

あれだけお腹いっぱいできつい思いをしたのに意外と朝になったら空いてて拍子抜け。

今日でフィンランドを去るかと思うと寂しい。

外に出れば昨日と同じひんやりした、朝露に濡れたての街。

ヘルシンキ大聖堂だけは見ておこうと思っていたのでGoogle Mapsを頼りに歩いたら、昨日レストランの帰りにライトアップされていた建物だった。

https://www.instagram.com/p/Bn7_fSOBhz1/

馬鹿と煙はナントカということで高いところから広場を見渡すのは楽しい。

 

一通り見てウスペンスキー寺院の北側の海岸線を歩く。相変わらず風は強くて寒い。

入口には物乞いがいて、そういえばクロアチアでは見なかったので初めてだなーって思っていた。

中は正教会っぽくイコンがたくさんあり、茶色っぽい内装と外装が東方っぽいなーという印象。

https://www.instagram.com/p/Bn8ENIIBOLy/

そろそろ時間なので歩いてフェリーターミナルへ行ったらタリン行きは別のとこやで、間に合わないから次の便に乗りやと言われる。

 

まじか〜とがっくりする一方、ヘルシンキにいる時間が伸びて得かもなんて思う。

design districtsへ歩いてみて、せっかくだからテンペリアウキオへ行ってみようと思いトラムの停留所に向かう。

https://www.instagram.com/p/Bn8lu9GhuuQ/

途中、Market Hallのカフェでココアとスープで昼食。

改めて停留所に向かうもなぜかカードで買えなかったので歩いてスオメンリンナ行きの船着き場の券売機でチケットを買う。

しかしその頃にはもうフェリーターミナルに向かわないとまずい時間だったので泣く泣くターミナルへ。

 

フェリーに揺られて2時間、エストニアへ。

ヘルシンキより心持ち暖かい。ホテルは旧市街のすぐ近くでターミナルから歩いて15分くらいなので歩く。

ヘルシンキよりだいぶモダンな印象で小さいながら首都らしい構えだと思う。

 

チェックインして荷物を減らしてから旧市街へ。

旧市街は写真で見るよりずっと素敵だった。ヨーロッパで最も保存状態のよい旧市街と言われるだけあって、建物の塗装のちょっと褪せた感じとかは本当に年代ものってかんじがする。

https://www.instagram.com/p/Bn88d4UhNCE/

旧市街を眺められる展望台の眺めもよく、目抜き通りから裏道までとにかく歩くのが楽しい。

夕方だったので陽はだいぶ傾いていて、陽の加減とそれに照らされる紅葉しつつある木々がどうにも美しくて溜息ばかりついた。

夜はカフェでクロワッサンとお茶。ヨーロッパの食事、量が思いがけなかったりするので一人でレストランに入るのは緊張する。

https://www.instagram.com/p/Bn9MyNjBhtE/

元々一泊する予定だったことに加え、フェリーを一本逃してしまい滞在時間が減ってしまい、それを心底悔しく思うくらいにはタリンはとてもとても素敵な街だった。ホテルのある新市街のあたりはガラス張りのショッピングモールがあってそこから造船所が見える近代的な面と、正教会と古い建物、小さな路地がのびる旧市街のトラディショナルな面を併せ持つ、本当にいいところ。

トラムも乗れなかったし残念だけど、またヘルシンキとタリンは行こうという気持ちを強くした。