ラトヴィア #3, 帰国

早いものでもう帰る。

朝、旧市街のウール製品を扱う店によってお土産を買う。

www.hobbywool.com

空港へ向かうバスの時間に余裕があったのでぶらりと歩きながらバス停を目指す。

 

フィンランドもエストニアもラトヴィアも、地理的には近いけれどそれぞれ少しずつ建築様式や人口密度などが違い、特にエストニアとラトヴィアの国境を境に文化的にとても大きな違いがあることに気がついた。

知識としてフィンランドとエストニアは民族的にも地理的にも近しいといったことは知っていたものの、実際に降り立って見てみると陸続きの国同士でこんなに変わるのかという驚きがとても大きい。

すなわちロシアとの文化的宗教的な繋がりが濃く見えるフィンランドとエストニアとドイツの影響が残るラトヴィア。一方、国民の割合的にはラトヴィアが最もロシア系の国民が高い割合を占めているというのは、非常に興味深いと思う。

 

https://www.instagram.com/p/BoEIz3QhaZN/

 リガ国際空港の保安検査場前のガイドがなかなか洒落ていた。

 

妹に頼まれていたお土産をヘルシンキ空港で買いtax refundを受ける。

前に並んでいた人が後ろの夫婦 (日本人) に「ちょっと外れるけど場所とっておいてね」と言い残し去り、しばらくして戻ってこようとすると夫のほうが「ちゃんと並べ」と言い、相手は「奥さんのほうにちゃんと言ったでしょ」と言う。

この人の行動はともかく、はいともいいえとも返事しなかった夫婦が事をややこしくしたなーと思いながら見ていた。

自分はこんなに達者に英語を喋れないのでなにかあったら泣き寝入りするしかないなーと思って見ていた。

 

帰りの飛行機はやけに眠くてすぐに寝たけれど深く眠れもせず、しかし目が冴えてしまい、けっきょくのべ1〜2時間くらいしか眠れなかった。

まあ飛行機だからこんなものかとも思う。

 

京都に着いたら寝惚けて財布を落としてしまい、慌てて清掃中のはるかの車両に戻って探させてもらい、無事に見つけた。危ない……。

家に荷物をおろしてからお腹も減っていたし日本食が恋しかったのでラーメンを食べて昼寝した。