SIGMA 35mm F1.2 DG DN | Artを買った

SONY FE 28mm F2とSIGMA 50mm F1.4 Artを手放して買った。

28mm F2は小さいけれど28mmという画角がスマフォに近くて新鮮味がないし開放絞りがF2というのもパンチに欠ける。
50mm F1.4は好きだったけれど、いかんせん大きく重いのでどうしてもFE 55mm F1.8 ZAを選びがちだった。

さて35mm. KマウントでFA 31mm F1.8というレンズでよく撮っていた。28mmよりやや狭く35mmよりちょっと広い、つけっぱなしにして楽しいレンズだった。
FEマウントだと発売が決まっているレンズを含めて主に以下がある:

  • SONY FE 35mm F2.8 ZA
  • SONY FE 35mm F1.4 ZA
  • SIGMA 35mm F1.4 Art
  • SIGMA 35mm F1.2 Art
  • SONY FE 35mm F1.8

ほかSAMYANGやフォクトレンダーのMFレンズもあるがだいたいこんなかんじ。
SONYとSIGMAの新作でにわかにFEマウントの35mmが熱くなり気になったので買うことにした。

SONYのF1.8とSIGMAのF1.2で悩んだ。他のラインナップも魅力的だったけれども、F2.8は大きさでアドバンテージがあるものの16-35mm F2.8 GMの下位互換になってしまうので却下、ソニーとシグマのF1.4はどちらもそこそこの大きさがあるので、だったらF1.2を選んだほうが1/3段とはいえ明るいからよさそうと却下。

最終的には広角なので少しでも明るくボケ量も大きいほうがよかろうと思いF1.2 Artにした。

山代温泉と金沢には35mm F1.2 ArtとFE 55mm F1.8を持っていったけれど、けっきょくレンズ交換はせず35mm F1.2 Artだけで撮った。

まず大きさと重さについて。50mm F1.4 Artに比べて太さがあり寸胴になった分、ちょっとだけバランスが良いと思う。軽くはないけれど撮影がままならないというほどではない。ただ肩から提げて歩いていたら肩は痛くなった。

スチル撮影で絞りリングは趣味のもので実用性はそんなに無いと感じるけれど、ローレットやクリックの感触は上品でくるくる回しているだけでも楽しい。
ダイヤルが1つ空くのでカスタマイズしたいけれど、意外や意外、αシリーズは前後ダイヤルのカスタマイズがほぼできないのであった……。



事前に調べてみたとおり開放だとややふわっとしたフレアっぽい写りだけどピント面はしっかり残っている。やや色収差が目につくこともあるが、よっぽどコントラストが高い時に初めて気になる程度。

明るさでちょっと手を抜けて50mmっぽくも撮れて楽しい。絞れば普通に広角っぽく扱える。散歩に向いているというほど身軽じゃないけど、どんどん持ち出したくなる明るさと写りでこれからも楽しみ。