旅行のすべてをNotionで整理したらすごく良かった

フィンランド、エストニア、ラトヴィアを旅行するにあたって諸々のタスク管理やメモをNotionでやってみたらとても使いやすかった。

タスク

f:id:aereal:20180926131022p:plain

Notionはページを作る時にいくつかのテンプレートから選ぶことができて、その中にTrello風のカンバンもある (すごい)。

タスクにはリッチテキストで説明を書くこともできる。ここは他のページで使えるマークアップがすべて使えるのでスムーズに使える。
TrelloはMarkdownのサブセットみたいなものが使えるけれど癖があるしテキストエリアが小さいしであまり使い勝手はよくなかった。

タスクにはPropertyが追加できて、たとえばIn Progressみたいなラベルだったり期限だったり。自由に追加できてそれで絞り込めるので、タスク管理のためだけに使ってもよいくらいよくできている。

国ごとのメモ

f:id:aereal:20180926131031p:plain

ページの下へさらに子孫ページを作れる。今回は複数国をまわるので各国の気候とか交通手段のメモとかをそれぞれの国のページに書いていった。

f:id:aereal:20180926131026p:plain

子ページを作るとサイドバーではこんな風に階層構造が作られる。

f:id:aereal:20180926131016p:plain

さらに親ページには自動的に子ページへのリンクが追加される。これは地味に便利。

バウチャー類

f:id:aereal:20180926131037p:plain

バウチャー類はGoogle Driveのドキュメントカメラでスキャンしアップロード、それをNotionに埋め込んだ。
自分にだけ公開しているドキュメントなので灰色になっているけれど公開ドキュメントだとプレビューされる。

持ち物リスト

f:id:aereal:20180926131042p:plain

チェックリストも作れるので持ち物リストページも作った。

Notionでは折り畳みリストが作れて、これがかなり便利。他のツールでなかなか無いけれど、これがあると階層構造のリストを折り畳んですっきり表示できる。

カテゴリごとに折り畳みリストを作り、その子リストとしてチェックリストを作る、ということができてたいへん便利。

オフライン

特にヨーロッパは至るところでWi-Fiが飛んでいるし、フルキャリアだと機内のWi-Fiサービスが提供されていたりして完全にオフラインになることはほとんどなかったけれど、それでも電波状況が悪いということはある。

そんな時でもオフラインでちゃんと表示できるのはドキュメントツールのアプリとしては当たり前ともいえるかもしれないが、ちゃんと動いていてよい。

Notionは便利

リッチテキストエディタの完成度の高さ (非CJK圏で開発されているのにAquaSKKがまともに動く!!!)、豊富な機能を無理なく統合したデザインの美しさ、などなどNotionは本当によくできている。

ナレッジベースやタスク管理などなにかしらに大小様々なストレスを抱えていてなにもかも作り直したい! とずっと考えていた自分からその煩悩が消え去るくらいにはとても気に入った。
少なくとも自分がそういうツールを作るならNotionはすべての面で越えたい、そう思わせるくらいとても素晴しいサービス。

あまりによかったので特に機能面では困っていないけど個人の有料プランに入った。