ブログ・日記を続けるという感覚がよくわからない。

のべ年数でいうとこの日記は2009年から書いているけど毎日書いているわけではなく、虫食いである。

続けているという感覚も希薄だけどやめたと思ったことも一度もない。

 

毎日自分は感じ続けているし、それを他人に話したり、飲み込んだり、日記につけたりするだけ。

呼吸を続けています、呼吸をやめますとは言わないのと同じだと思う。

 

でも続けていると言いたい気持ちもちょっとわかる気がして、今まで習慣づいてなかったことができるようになったら成長できたかんじがするし自慢もしたくなると思う。