人間を写真に収めることがどうしても苦手で嫌いだったし、いまでも苦手だ。


自分が写真を見るとき、いつも孤独だとか、そういった深く横たわる感情を抱いている。

写真を撮るときは瞑想するかのように、無感動なままで、いま見ている風景と自分を重ね合わせて、ザクザク切り取っていく。はさみで切り取り線を無視して自由に自分を無数のパーツに分けるイメージ。

だから、強く突き動かされるような気持ちであるときには、うまくシャッターを切ることができない。だから、楽しいときには写真を撮ることが、できない

たとえば楽しいと感じている瞬間を写真に記録してしまえると、あとからそれを見る自分が嫉妬してしまいそうだから残したくない、という気持ちもある。


気持ちは変わりつつある。

美しかった過去を感傷的に見つめるためではなくて、いまとは違う別の輝きのある風景を見つめるために、たとえば人を撮ろうとしてみてもよいかもしれない。