連休はAWS DevOps Professionalの準備をして受験する (たしか今サテライト受験ができるはず)。

日記を書くみたいな内省的なことをしたり、未来の計画を考えると無限に落ち込みそうなので、とにかくゴールがはっきりしていることをやりたい。

 

本を読むのも良いかと思って、あまりに長くて放置していた『暗黒館の殺人』を読みはじめた。

あとゆっくり古典でも読むかと思い立ち、エドガー・アラン・ポーとアガサ・クリスティの作品をいくつか読む。

この前、水生大海の作品を読んだら現代日本が舞台でだいぶ後味の悪い話 (いわゆるイヤミス) で、普段だと嫌な話だったね、というかんじで一晩寝て起きたら忘れそうなものだけれど、今はちょっと尾を引くかんじ。

古典とか新本格の作品なら純度が高くて余計なことを考えずに読めるんじゃないかと思ってのこと。

 

自分をどう扱えばいいのか戸惑う日が多い。

つらいことがあって気分を切り替えたい時の手段はいくつか用意していたつもりだけれど、いまは選べない。

普段通りのことをしようとしても、できないだけなので悪いようにしか働かない気がする。ので今まであんまりやっていなかったことなどをしようかと思っている。