久しぶりにベースを買って弾いている

 SCHECTER MODEL-Tを買った。アコギと迷ったけれど、大ジャンルとしては同じギターを持っているわけなので、ベースにした。

憂さ晴らしにぼんやり見ていたらアウトレットで安かったので即決。

けっこう前から目をつけていたモデルで、まずオリジナルプレシジョンベースのシェイプなのがいい。

オリジナルプレシジョンベースとは、1951年にリリースされたテレキャスターに近いヘッドシェイプ・ピックガードを装ったプレベで、今日におけるプレシジョンベースとは異なるシングルコイルピックアップを積んだモデル。

ちなみにテレキャスターベースとも呼ばれたりするが、ブランディングとしては復刻モデルのほうを指す。

 

SCHECTER MODEL-Tはあくまでそれっぽいだけでオリジナルプレベとはかなり異なる。

  • 各パーツ (ブリッジ、ペグなど) がモダンなGOTOH製になっている
  • 指板がローズウッド
  • ボディがアルダー製で、ボディコンター・ハイポジションコンターもついている
  • ピックアップがPJ (SPB-2, SJB-2b)

……などなど。

様々な点でモダンで弾きやすい。このオールドスタイルな見た目とそれに反してとても実用的なスペックに惚れた。

バタースコッチブロンドだけどちょっと普通の黄色っぽすぎるので、ホワイトブロンドっぽい色にリフィニッシュしてみたいなーと思っている。

 

久しぶりにベースを弾いていると、ギターを弾いている時より見える景色が違ってくる。

ギターは、楽器を始めてからだいぶあと、高校生になって凛として時雨のコピーがやりたくて弾きはじめたけれど、ベースは友達とバンドをやるために選んで練習しはじめたのでいろんな曲をコピーしたり作ったので、いろんなものの影響が混ざりあって混沌としている。

カオスの中に投げ出されるかんじはギターを弾いている時にはないもので、これがまた楽しい。

あとやっぱりベースの重低音は弾いても聞いてもグッとくる。

 

これからもよろしくおねがいします。