小さい頃から嫌いなもの、とりわけ嫌いな人は多かったとおもう。今でも多い。

けれど、そのぶん、いいなあ、好きだなあ、とおもえる人のことを大切にしようとおもえるし、どうせ嫌いな人やものはなくならないのだから、これはこれでよいのかもしれない。