昨日、今日とカメラを持ち出して散歩しつついくらか撮った。撮りたいという明白な意思があるのと、なにを撮りたいか、なにを残したいのか、というのがはっきりとあって、だからこそほとんど迷うことなくシャッターを切っていった。

大阪や京都ではどこか手探りでいたけど、北海道に帰ってきてからはいろんなことを知っていて、だからこそまだ見ていないものがあったりする。

あと、執拗に高校の周辺で写真を撮りたい気持ちが強くて、よくわからないけど執着とか未練とかあるのかなあ、とかおもった。