枚岡神社、鐸比古鐸比賣神社 #1

近鉄京都駅→枚岡駅→枚岡神社→枚岡公園展望台→堅下駅→鐸比古鐸比賣神社→柏原駅→大阪駅

先々週の土曜日は行ったことのない東大阪の神社へ出かけてみることにした。東大阪のあたりはどう行こうにも1時間くらいかかって地図で見るよりだいぶ遠いかんじがする。

奈良経由か大阪経由のルートが考えられて、大阪に行くルートはよく行くから奈良経由にした。JRでも行けるけれど、近鉄に乗ることにした。

京都駅から特急に乗ったところまではよかったけれど、ずっと奇声をあげている人がいて怖かった。メンタルが不安定そうで、席がかなり近かったので暴れたりしたら嫌だなと思って気が気じゃなかった。ちょうど車内を通った車掌さんと目があった気がする。

久しぶりに大和西大寺で乗り換え。難波行き。生駒のほうは行ったことがなかった。山がちで普段JR京都線や阪急に乗るときには目にしない風景なので、同じ京阪神圏だけどこんなにすぐに雰囲気が変わるものなんだなあ、と思っていた。盆地の風景とは違う山地の風景。

慣れない路線なので、いま乗っている種別が目的の駅に止まるのかけっこうドキドキする。基本は Google Maps や Yahoo 乗り換えを信用するけど、いざ動く電車を前にするとアナウンスがあるまではけっこう緊張する。

無事に枚岡駅に着く。無人だけど自動改札機のある駅がミスマッチで現代の鉄道駅っぽいなあと思う。阪急にも無人駅はあったけど。

降りてすぐに、たまにある高揚感がやってきた。駅の裏すぐにある坂を登りながら「ここは知らない土地だ」ということを感じる。行き慣れたように思える場所が増えてしまったなかで尊いことだ。

裏参道から梅林に出られると書いてあったので行ってみたけれど病気が流行ったため伐採されてしまったらしい。痛ましくも残念だと思っていたら展望台があると書いてあったので登ってみることにした。

20分くらいだしちょっとした散歩程度に思っていたら、想像よりきつかった……。とはいえ山登りというものでもなくせいぜいハイキング程度。ただ重いカメラと厚いコートを着ていたので歩きづらかった。コートは途中で脱いだ。

頂上からの見晴らしは曇って万全とはいえない天気にも関わらず大阪平野を一望できてきれいだった。DFA★ 70-200mm F2.8に換えて覗いてみると大阪湾まで見えた。

興奮とハイキングで火照ったあまりコートを脱いでしばらく写真を撮ったのだけれど、あとから考えるとこれがよくなかったと思う。後日、風邪をひいた。

帰りは小学生と大学生くらいの人たちが20人くらいで連れ立ってハイキングしているところに出会った。サークルの活動かなにかなんだろうか。保育士っぽくはなかった。不慣れな印象を受けた。