凛として時雨、Zepp Divercity, ツアーファイナルの時に観た“Missing ling”のラスト、ギターソロ *1 の部分では青いライトが明滅し続けていた。

ちょうど会場の中心かやや前よりに立っていて、文字通り照明からの光を最初から最後まで浴びていた。

“傍観”のいつもと変わらぬ赤い逆光も、変わらなくて安心感さえあるけど、あの青い光も素敵だった。

*1: あれをソロと呼ぶのかはわからない