不安な気持ちに貫かれていて、他人に頼ってしまいそうな危うさがある。

インターネットは他人との距離を短く見せがちで、うっかりそれに騙されてしまいそう。負けないようにひたすら人間のいるほうから目を逸らしつつも、人間の喧騒に触れていたくて、危うげ。