クロアチアその2

ホテルについてそのまま倒れ込んで起きたのは5時くらい。
疲れすぎていて眠りが浅かったのか、異国の地に緊張しているのか。

飲むわけではなかったにせよ、クロアチアの水道水を口に含んですすぐ最初の瞬間はけっこう緊張した。
日本のホテルと変わらないと感じてからは平気になった。

ホテルで朝食を食べるのは帰省したときに家族と出かけて以来だった。
朝の7時前、人もまばら。白米はなくてパンだけ。当たり前だけど。

サラダも盛ったけどレタスがやけにしおしおでおいしくなかった。
パンとスクランブルエッグとソーセージは安定した味。

支度をしてからホテルを出る。昨日はもう日が落ちていたから実質ファーストランディング。

朝早いこともあってとても静か。木陰で談笑している婦人がいた。
ホテルを出た目の前で工事をしていた。左右見渡す限り長く工事していて、道路の周りが砂埃で黄色く汚れている。
初めて目にしたヨーロッパの景色はインドみたいだった。

トラムのプリペイドカードを買うため、真っ直ぐ歩いてキオスクを目指す。
信号のある交差点が少なくて車が掃けるのを待てども待てども掃けず、見かねた(?)車が止まってくれて渡ることができた。

Google Mapsで見つけたキオスクは土曜もやっていると出ていたけど閉まっていた。

もう少し北へ行くと同じ系列の別の店があったので尋ねてみるが、プリペイドは買えないと言われた。
自分の英語が通じなかっただけかもしれないけど、とにかく買えなかったのでミネラルウォーターだけ買った。
あとSIMカードも置いてなかった。

そのまま東に曲がってIlica通りを歩く。傍を青いトラムが駆け抜けていく。

Lotrščak塔まで歩いた。階段を登ると高台に出て、そこからアッパータウンを見下ろして初めてZagrebに来たんだなあという実感をもった。

しばらく旧市街を歩き回る。効率とかなくて同じところをぐるぐるまわったりもするけど、一筆書きとか考え始めたらきりがない。

一通り見たのでJelačića広場に出る。ステージでライブをやってて、何があるのかよくわからなかったけど、楽しげでいいなと思った。

ここのキオスクでSIMを買った。ガラス張りの建物が増えてモダンな都市のイメージが強くなった。銀座っぽい。
ここらへんを歩いていたら英語でアンケートとらせて?みたいなことを聞かれたので早速かーと気を落としつつI'm busy, sorry.で切り抜けた。

また鉢合わせしたらいやなので、それからここらへんに近づきたくなくて行動しづらい。

東から回り込んで聖母皮被昇天大聖堂に向かう。建物の前で民族衣装(?)に身を包んで演奏し踊る人たちがいた。

Dolac市場あたりも見て、暑くなってきたので日陰を求め始めた。

ナイーブアート美術館に入ると展示は2階にあり、受付で荷物を預けて見るようになっている。

チケットを買うとき200Kn紙幣を出したらもっと小さいのは?と言われて焦ったけどなんとか足りた。
この出来事がきっかけでしばらく他のお店に入るのを躊躇した。

展示はナイーブアートだけあって、技術的にどうというより、こういうのを大罪にして副業で描くんだなという発見のほうが大きかった。
20世紀以降なのでドイツの画家がライプツィヒを描いていたりしてる。

日本語のガイドブックがあったので一部もらった。長野の美術館と共同で展示したこともあるらしい。

いい時間になったので鉄道駅近くのお店でグリルポークをテイクアウト(I'd like to take this out.と言ったら一回目はなんのことやらというかんじで、もう一回言ったらtake...away?と訂正されつつ通じた)し、パン屋さんでクロワッサンを買ってホテルに戻った。

暑かったけど鉄道駅近くからトラムに乗ると混んでいそうだしスリがいると聞いたので30分くらい歩いて帰った。

着いてから、SIMカードを交換するためにピンの代わりになるものはないかあれこれ試したけどうまくいかなかった。

ホチキスの針でうまくいったけど、開いたのは反対のMicro SDカードのほうだった……。
同じ調子でいけそうだったけど力尽きた。

移動の疲れが残っていたのか、日差しがきつかったのか、また外に出る元気はなくなったのでホテルで横になってZagreb散策はおしまい。