いま「自由なソフトウェア」だけを作ってもソフトウェアを作る側は飢えて死ぬ。

「不自由なソフトウェア」も作ったり、ソフトウェアを作る以外のことをしたりする必要がある。

「自由なソフトウェア」と現在の経済は相性が悪い。経済を変えることは難しいが「自由なソフトウェア」とそれらの周りはより易しいだろう。若く現状では安定していないからだ。

  • 旧来からある経済と「不自由なソフトウェア」でお金を稼ぎ成長する企業
  • 体力を持ったそれら企業が「自由なソフトウェア」の開発者たちを雇用する
    • これら企業はおよそ開発者たちが開発するソフトウェアのユーザである
    • 企業には「開発者」として所属するのではなく別の立場 (たとえばアドバイザリのような) として所属する
  • より成長し同種業界で権威を獲得していく
  • 権威を獲得した企業が既存の権益を破壊する行動をとる
  • より成長を続けていく

Heroku や Google は上記のモデルを少なからず踏んでいる。

ソフトウェア業界に限らず、権力はまず獲得した者が捨てないと壊れないと思う。

その上で:

  • 既得権益にまず乗らなければいけない
  • それを捨てなければいけない

という勇気が必要になる。