最近、なにかにつけて行動をとるたびに、嫌われているなあ、嫌われるだろうなあ、ということを考える。

べつにだからといって、たとえば嫌われないように行動を変える、だとかはしないし、むしろ嫌ったりするのならどうぞ、くらいの気持ちになりつつあるが、それは半ば防衛行動であって、それを望んだりしているわけじゃないし、友好的に、とは言わずとも、そういった負の関心を持たれたくは、ない。