読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近「圏論の歩き方」を読んでから歩いているときにふと機能和声と圏論でなにか言っている人いそうと思って調べたらやはりありそうだった。Mazzola という人の The Topos of Music.

音階を12個の音からなる束と考えるとかまああるよなってかんじだった。

中身は見てないが懐かしいかんじ。しばらくプログラムを書くことにまつわる半径3mくらいの話題について勉強することばかりだったけど、高校のころまではもうちょっと世界は広かった。
いまはその頃の広さにちょっと近付いた。