自分たちの領域でないところは他のところに任せようというのは、たしかにと思う一方で、けっきょくどれだけリスクをとれるか、というような話なのかなあ、と思う。

運用に関わるチームに所属する同僚が「有力な代替の候補が少なくとも他に1つあるならば導入して運用してみてもいいと判断する」と言っていたのが印象的。

たとえば Heroku をはじめとする PaaS などが AWS の障害に起因して複数同時にダウンする、ということもあった。

一方でそのチームに所属する同僚がいろいろな *aaS の類やミドルウェアなどに触れていきたい、とも言っている。

どちらにも共感できるし、自分たちで運用までやるなら、それそのものをビジネスにしてしまえばいい、という考え方もあると思う。