観た。

「あの花」は初見。めんまがどういうかんじで現れたのか、っていうのは描写されないんだ。めんまの声、ちょっと耳につく。つるこ、もうちょっと声低いかとおもいきやそうでもなかった。じんたんが、散々、当たり散らしておいて、なんでいきなりあんなに必死になってめんまを探しにいったのか、ちょっとわかりかねる。OPもEDも合ってなかった。合ってなかったというより、ああいうハイファイな音楽が聴こえてくるのがしっくりこない。静かでいい雰囲気だけど、ところどころ下品というかあざといところがあって雰囲気が損われる。没入しかけてきたところにいいタイミングでそういうのがくるし、なんか調子が狂わされる。作る人が考える「ここで笑いをとって緩めてやろう」っていう呼吸と合わない。おもしろかったので続き観たい。

「俺妹」は1話だけリアルタイムで見てそれっきりだった。1話は放送版とだいぶ違った。放送版だとOPがなくて、"irony" が本編に被せて終わっていた。テレビ放送で観たときもおもったけど、演出が細かいなあ。でもBGMがうるさい。曲自体はおしゃれで嫌いじゃないけど、キャラクターが喋る裏で流す音楽じゃない。主張が強い。京介の髪型、見れば見るほど変で気になる。きりりん氏の髪も後ろ姿だと跳ねた髪が変な位置になって変なかんじ。1〜4話のテンポ、速いのか遅いのかよくわからない。速い気がする。なんか展開らしい展開がなくて短編集を見ているようなかんじがする。そんな風に作られている気もするし実際そうなのかもしれない。