内に抱く「理想の自分」がいて、それと乖離している現在の自分がたまらなく嫌い。「理想の自分」はあくまで理想であって届かないし、近づけば遠ざかるものだと頭ではわかっていても、求めずにはいられないし。

理想への拘泥は、だれかに一言「好きだよ」と言ってもらえれば捨てられるのだとおもう。そんな気がする。そうであってほしい。ただ、安心させてほしい。「好きだよ」という言葉を疑うことなく咀嚼したい。

だがしかし、人間であるというだけで、なにもかもを疑って信用すべきではないのだ。だから、人間を超越したなにかか、あるいは人間ではないなにかに求めるしかない。人間と関係するということは、疑心暗鬼になる機会を増やすというだけのことだ。人間と関係すればするほど暗く、淀み、濁り、汚れ、醜くなっていく。人を信用できる者は人間と関係していない。人間を見ていない。人間から目をそらし、別のなにかを人間だと思い込み、それを「信用」する。つまり信用すべき、信用にたえる人間は、いない。

だから、「理想の自分」というおれが考えうるかぎり、一番まっとうな存在にすべてを委ねたい。

でも、「理想の自分」がどれくらい気の遠くなるようなものか、ということはおれがいちばんよくわかっている、という自負があるし、二次元へ行くよりずっと実現する可能性の低いばかげた話だともおもう。

だから、おれは、おれについてなにかしら満たそうとすることは、やめようとおもった。いくら続けても意味のないことだし、ただアニメをみてそれを消費するだけの生活よりもっと悪いとおもった。

余った「なにかを満たそうとするための時間や労力」を自分以外に注ごうとおもった。あくまで、自分の代わりとして相手を選び、自分の気まぐれで相手を満たそうとする、ということを忘れずに、ひたすら他人をおもちゃにして遊ぶ。誰かを満たすためじゃなくて、自分の欲求の発散のためだけに。

まったく、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、ほんとうに、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、ほんとうに、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、