制度の例外的運用っていうのがあって、まあそれは良くあることだし「弾力的にやれている」と捉えることができないでもないけれど、その例外的運用に選ばれないっていうのは端的に言って腹が立つし、自分は選ばれない側の人間だと思い知らされてずいぶん惨めな気持ちにさせられる。

例外的運用と整備していこうという間を、自分がコントロールする余地があると捉えることもできるだろうし、実際そうできる人になれたらと思うが、提案とかしていく中で正論で返されるとめちゃくちゃ腹が立つ。正論で評された制度を作ったのは自分だし、むしろそっちじゃないのって立場の人が言うこともあるし、どの口が言っているんだっていうかんじ。

こういう逆風ばかり吹いていると「今は大変な時期だけれども、支えあっていこう」みたいなのが薄ら寒く感じるし、付き合っていられるかって気持ちになる。