明文化を逃れることで成立するものもあるのだろうけど、けっきょくなにか文脈を共有しなければいけなくて、それは暗黙的にしろルールとして存在するのだから行動を縛ることに変わりはないし、どちらにせよ縛られるのであればやはり明文化されていたほうがつらいことは少ないとおもう。

想像することは重要なのだけど、ルールを想像して自分を縛れというのは常に体に負荷がかかるから、一度、ルールについて想像して結論が得られたらそれからはもう考えなくてよい、ということにしたい。