最近の買い物



傾物語 (講談社BOX)

傾物語 (講談社BOX)

すっかり禁書にはまってる。アニメでやるみたいだけど、我慢できずに……。ヒューズ=カザキリかっこいい。

あと、傾物語。すごくおもしろかった。なんともいえない読後感がまだ続いている。(さっき読み終わった)

「誰かを救うということは、誰かを救わないということなんだよ」という言葉が脳裏をよぎった気がする。

ある人を助けて、あるものを失い、しかしある人は失われておらず、またある人を失うことで、もう一度得るものがあったという話だった。

まったく救いようのない絶望に満ちた話でもなく、かといってすべてが救われたわけでもない。「いまの」暦たちはあらゆる意味で救われたけど、救われなかった者達もいるわけで、こういう無常で無情なつくりかたは上手だなあ、とおもった。

暦が助けた人は(暦が助けた、という以外にも様々な要因があったにせよ)助かり続けていた、というのはなんだか「いい話」のような気がした。代わりにとんでもないことになってしまったものの、それでも総合的に、最終的によかったのだ、とおもえる。

あと、忍。メンタリティの弱さが表れていて、そしてそれを克服もしていた。

暦の、運命はみんなで作るものだ、という趣旨の発言、とてもいいなあ、とおもった。暦は忍に「死ぬときは一緒だ」と言った。「戦場ヶ原が一番好きで、羽川を一番尊敬していて、八九寺と話すのが一番楽しい」とも言っていた。暦を満たすものは忍だけではなくて、誰かだけではなくて、周りにいる人間すべてなんだ、ということだった。とても無理のない肯定のしかたで気持ちよかった。

なんだかんだ書きましたが、ほんとに真宵はいいやつです……。