使っているギターへの不満と未だ見ぬギターの理想像

BacchusというメーカーのBTE-350Mというモデルを愛用していて、これはいわゆるテレキャスターモデル(Fender社からライセンスを受けているわけではないので、あくまで"モデル")。
2年近く弾いてわかってきたこともあって、それらのまとめなどをしてみようとおもう。

BTE-350Mのカタログデータ

BODY Alder
Neck Hard Maple
Tuner Kluson Type
Fingerboard Maple
Scale 25 1/2 inch
Flets 22F
Bridge TE normal 3saddle
Control 1Vol, 1Tone
P.U Selcter 3 way type
Pickups Original TE
BTE-350M BD (Bacchus)

手を加えたところ

  • ネックと指板をやすりがけして、ツルテカからさらさらにした
  • ピックガードをWhite-Black-White-Pearlの4-plyに変えた
  • フロントピックアップのカバーを外した
  • コントロールパネルを180度ひっくりかえした
  • ピックアップセレクタのノブを白に変えた
  • ストラップピンをSecurity Lockに変えた
  • エンドピンをボディ裏側に

気にいっているところ

  • テレキャスターの風貌をしているところ
  • 配線その他が単純で、比較的いじりやすいところ(ストラトだとそうもいかなかった…)
  • シースルー塗装であるところ

不満であるところ

  • ネックが薄い
  • 6弦のペグをとめるネジがバカになっている
  • ナットが低めに切ってあり、ローポジでビビりやすい
  • 3-wayサドルだとブリッジミュートがしにくい
  • 3-wayサドルだと弦高調整やオクターブチューニングがめんどう

考えられる解決策

ネックが薄い
ネックオーダー
6弦のペグ
ネジ穴のあけなおし
ナット
ナット交換
3-wayサドルだと〜
6-wayサドルブリッジへの交換

とくにブリッジについては深刻というか、オクターブチューニングがあわなすぎてつらいし、かといってこのサドルで頑張るのもいやなので、早急に交換したい。たぶん、この中で一番安価で済みそう、かつ安全だとおもう。
いろいろ目移りしたりするけど、まだまだこのギターを弾いていたいところ。それとは別の話でエレアコがほしい…。