嫌いなひとをわざわざあげつらえることもない、ほとんどの人間のことを気に食わないとおもっている。

気に食わないやつらが気に食わないことをやっているなんてあたりまえだ、気に食わないのだ。

なにをしているのを見てもいらいらするし、なにもしていなくても、なぜいるのだ、という気持ちが湧く。

よくない、という自覚はある。