「誰かに似ている」と言われるのとても気分悪いし、とにかくなにかを評価するときに「○○に似ている・似ていない」という判断をするのがだいたい気に食わない。

差分だけを見て類型化しようとするの、人間の認知のしかたとしては合理的だけど、しかしそれが好きかどうかという問題とは別だ、嫌いだ。