ぼちぼちコードを書きはじめている。バイトでも書いているけど。

帰省しているあいだはコードを書くことに時間を使おうという気がまったくしなかった、というよりかは意識的にコードを書くことを避けていた。

いつでもどこでもコードは書けるけど、実家や地元でできること・時間は限られていて、ならばなにを優先させるか、というのは自明だった。