落ちたということ、二浪する、ということを学校に報告しにいく。すると去年は書かされなかった書類 (浪人申請用紙みたいなもの) を書かされる。
「なんですか、これ」
と冗談だろ、とおもいながらヘラヘラと書いていると、職員室にいる教師が残らずおれのことを見て、非難の目を向けた。しかし、それも勘違いだろう、とおもいながら書類を書き進める。
書類には「受験に失敗した理由」「受験した大学」「来年度に受ける予定の大学」などの項目があり、真面目に書くのが馬鹿らしくなってきて、来年度に受ける予定の大学を「東京大学 理科III類」とした。周りの教師たちが「お前は文系だろ!」「東大なんて受かるとおもっているのか!」と怒号を飛ばし、だんだん気が滅入ってきたおれは、職員室を脱出した。