screen + zsh + vim

zshホスティングサービスを移行してからずっと使っていて、使いこなすというレベルではないけど不便していないし、問題ないとおもう。
で、 screen と vim について。 vimxrea のときから使っていて、別に vim 派であるというわけではない。 Emacs 派というわけでもなく、あえて言うなら xyzzy 派?
とりあえず、基本的な操作はもうこなれた (モードがあるということと、jk で行を移動するとか) んで、 screen.

エスケープシーケンスを ^tt にしているので、 ^t c で仮想端末を生成する。とりあえず、もとから zsh を開いているので新しい端末は vim 用にする。
それで ^t n で切り替え。複数端末を開いたときはどうなるのかよくわからない。複数開くようになってから調べて試す。
.screenrc は coderepos とかから誰かのをまるっとコピーするなり、ぼちぼち抜き出していくのがいいのかもしれない。
大体、定石みたいのは決まっているみたいなので、そんなに変わるものでもなし。変わるといったらエスケープシーケンスくらいなのかな。

というわけで小一時間これで作業してみる。