PENTAX FA 77mm F1.8 Limitedを買い戻す

FA 77mm近影

FA 77mm近影

ちょっと前にSIGMAから85mm DG DN Artが出て心が一瞬揺れたけれど、ヨドバシで実物を手にとってみたら大きいというほどでもないけれど小さくもなくてちょっと覚めてしまい、しかし誕生日を迎えたしレンズ買いたいなー中望遠の気分だなーと気が募りはじめた。

ふと調べたらKマウントのレンズをLマウントのボディに付けるマウントアダプターが出ていたのと、マップカメラでFA 77mmの新品がそれなりに安くなっていたので買い戻すことにした。

www.stkb.jp

FA 77mm F1.8 Limitedはちょうど9年前に買って、2年前にα7R IIIに買い替える際に売った。

d.aereal.org

d.aereal.org

Lマウントの手持ちのレンズは24-105mmのズームと35mmと50mmで中望遠がそろそろ気になるけれど良いLマウントネイティブのレンズがない。

一応、11月に85mm F1.8を発表する予定らしいけれど。

マウントアダプターは、買ってしまうと深みにはまってしまいそうなのと、AFできなかったり何かと不便で買っても使わないのではないかと思って手を出していなかったけれど、ミラーレスではMFピーキングが使えるからそんなに便利さが損われないのではないかと思ったのと、最近はAFレンズでもMFで撮っているので気にならないだろうと思った。

d.aereal.org

S1Rはガタイが良い一方、FA 77mmは小さいのでバランスが悪くないかなとちょっと気にしたけれどマウントアダプターの嵩があってちょうど良いかんじ。

前もシルバーだったしマウントアダプターとボディに合わせてブラックにして良かった気もしつつ、FA Limitedはこのシルバーが良かったなと再確認。

9年前に買った時とフィンガーポイントの色合いがちょっと違って薄く明るい気がする。

LUMIX S1RにFA 77mm

LUMIX S1RにFA 77mm

写りはK-7/K-3/K-1時代とほぼ変わらず。MFオンリーだけれど、S1Rのピーキングが効いて見やすいし、むしろあのうるさいジージー言うカム駆動音がしないので快適とすらいえる。

36MPのK-1で撮った時同様、47MPのS1Rで撮っても特に粗は目立たない。開放で高輝度の被写体を撮ると色収差がかなり出るのも変わらない。

S Pro 50mm F1.4と比べると特に開放では収差が多めなのでクリアさは少し欠けるけれど、なんというかボケに雰囲気がある。

でもいわゆるオールドレンズというほどぼやっとしないので普通に「使える」し、やっぱり良いなー。

あーこれこれって言いながら撮るのが楽しい。

f:id:aereal:20200922234646p:plain

f:id:aereal:20200922234721p:plain

Lightroom単体ではメタデータの編集ができないのでLensTaggerというexiftoolを使って編集するプラグインを使ってレンズのデータを現像時に入れるようにした。

撮影時の実絞りは覚えられないので諦めた。

LensTagger – Exiftool Lightroom Plugin

実絞りの情報はボディに伝わらないので、最近のデジカメであってもAEはセンサーが受けた光しか使わないらしいことを改めて確認した。

レンズや実絞りの情報とかを使って諸収差をボディで補正するように、AEもレンズとのマッチングを踏まえてキャリブレーションするようなことはあるのかなと思っていたけれど、そんなことはなさそうだった。

といっても厳密に条件を整えて比較したわけではない。単に似た光線条件で撮って露出傾向の違いを感じなかったというだけ。

15日が京都市の定額給付金の申し込み最終日だったので提出した。

今すぐないと困るというほど困窮はしていないけれど、みすみす見逃すには惜しい金額なのでここまで引っ張っていた。

そういえばマイナンバーカードを申請してオンラインで申し込むつもりだったのを思い出した。マイナンバーカードの申請はしたけれど音沙汰はない。

 

ISUCON予選に参加して、夜中に外に出たら鍵をさしっぱなしにしてオートロックの外に出てしまい締め出されてしまった。

仕方なく東急ステイに泊まった。土曜日だけれど4000円くらいでしかもGo To トラベルキャンペーンで2000円ちょっとになって申し訳ないかんじ。