WANDRD Duo Daypackがやってきた

今年夏頃、前に買ったWANDRD PRVKEWANDRDが新作バックパックであるDuo Daypackの制作プロジェクトをKickstarterで始めたので投資し、11月下旬に届いた。1ヶ月くらい使ったのでレビューしてみる。

WANDRD PRVKE 31が30L級の小旅行に使えそうなサイズ感でCamera Cubeなどシーンに合わせてカスタマイズ可能な代わりにデフォルトのコンパートメントは少ないバックパックだったのに対して、Duo Daypackは20Lクラスで特定の用途を睨んだポケットやケーブルホルダなどを多く備えたこれひとつで日常シーンにフィットする文字通りのデイパックとしてデザインされている。

PRVKE 31も気に入っていてクロアチア旅行フィンランド旅行など1週間くらいの遠出にも荷物はこれひとつで済むくらいの収納力があり、かつカメラの取り回しも良く、およそ自分が旅で使うバッグに求めるものが満たされた素晴らしいバッグのひとつであることは間違いない。
一方、少し大きくて普段の通勤や散歩に使うにはシルエットが大袈裟すぎるのも確か。

Duo Daypackはワンクラス小さく、カメラとiPad Proとちょっとしたあれこれを持ち歩くにはとても良いサイズ感で、アナウンスされてすぐにバックすることを決めた。

詳しいスペックは公式ページに譲るとして、売りのPop Camera CubeとInfinite Zipはおもしろい使い勝手で、確かに良く考えられており実際便利。

Pop Camera CubeにLUMIX S1Rを入れた様子。少しきつい

気配りの効いたポケットや収納ゾーンが多くて、インナーバッグで整理する必要はあまりないのもデイパックとしては嬉しい。
細かいものを雑多に突っ込んでカオスにならないのが大事なので。

バッグ内のポケットは大小様々なサイズがあり良く整理されるので、スペックの容積以上に広く使える

エクステリアは細かいナイロン地でしっとりすべすべしていて手触りが良いし、撥水性も高い。ほこりが落ちやすいのも地味にメンテしやすくて嬉しい。


角を通ろうとするとジップが固いこと、S1Rくらいのサイズのカメラを入れるとちょっときついことくらいが目立って気になる点で、それ以外は発表当時から期待した通りのデイパックだった。

自分のようにカメラを持ち出して写真を撮ることが日常的になっている人だけではなく、既にカメラを持っているけれど日常的に持ち出すにまでは至っていない、まだカメラが「特別なもの」の人にとってカメラが身近になるとても良くデザインされたバッグだと思う。
とても気に入ったのでこれからもっと使い倒していきたい。

半径3m以内から抜け出せていない感覚にずっともやもやしている。
Web技術のそれもかなり狭い範囲でぐるぐるしてて、そこで喜んでいて良いのか。

サーバーサイドにしてももっとミッションクリティカルな領域に行くと要求も上がるだろうし。

多人数でうまく作るとか、そういう分野は大事だと思うけど惹かれない。
身近で見た例が、うまくやって作るのがひとり張り付けばできる程度の難しさだったりするから惹かれないだけでもっと規模が大きかったら違うかな。そうでもない気がする。

とにかく楽しさを常に求め続けたい。

天気が良いので昼休みにカメラを持って出かけたはいいものの、八分目を越えるくらいカレーを食べたあとだったので眠くなってきてしまい、日当たりのいいベンチに座った途端にうとうとし、ちょっと昼寝した。
日をじっくり浴びるのはどれくらい久しぶりだったか。
じわじわと体が暖まる感覚と、静かに吹き込む風の冷たさが幸せ。

晴れて遠くなった空を眺めたらどこかに行きたくなった。
じっとこらえて収穫を待つ時。

宇治市×京阪電車 クリスマスコンサート ~『響け!ユーフォニアム』の舞台より~

宇治市×京阪電車 クリスマスコンサート ~『響け!ユーフォニアム』の舞台より~

これに北宇治高校OBの賛助として出演した。リズオフに参加した縁で声をかけてもらえて願ったり叶ったり。

 

ユーフォファンとしては宇治文化センターの大ホール、それもステージに立つというのは感じ入るところがある。おまけに当日の会場には原作者の武田先生もいらしていたようで、ファンとしてはこれ以上ない体験をさせてもらえた。

いちホルン吹き・いち吹奏楽好きとしても1000人近い観客を前に吹くのは滅多に無い機会で本当に楽しかった。

リズオフも楽しかったけれど、今回はより大きな70人近い編成で下から上まで豊かな響きに包まれて合奏練習からして楽しくて仕方がなかった。個人としてはいろいろ反省点はあってつまるところ「うまくなりたい」なんだけど、とにかく楽しいのでステージの上から「みんな来てくれー!!」って思っていた。

 

『響け! ユーフォニアム』シリーズは、原作・アニメ・漫画と一粒で三度美味しい思いをさせてもらいつつ、10年近いブランクを経てまたホルンや吹奏楽との関わりを取り戻す大きなきっかけとなった作品でもあり、とても深い思い入れと感謝の念を抱いているので、チャリティコンサートへの出演というかたちで少しでも還元できるところがあったら本懐です。

また、このような機会もリズオフでの縁あってのことなのでお誘いいただいた北宇治OBのみなさまにも感謝の限りですし、そして勇気を持ってリズオフに応募した半年前の自分に拍手。