高山旅行 #1

休みを取って木曜と金曜の1泊2日で行ってきた。高山自体も魅力的だけど、その道中、ワイドビューひだに乗れるのがなんとも甘美。

しかしわざわざ新幹線に乗ったにも関わらず、前回同様、グリーン車が展望車 (先頭) じゃない列車を選んでしまった。あとからよくよく調べると、時刻によって編成が違い、それに伴いグリーン車が先頭だったりそうでなかったりするようだった。覚えたのでもう間違えない。



11月の日差しは、よく晴れていたこともあり、窓際でカーテンを閉めずにいたら汗をかくほど暑かったけれど、正午を前にしてだいぶ傾きはじめていて、やっぱり冬だった。

遠くの山並みは紅葉が始まっている。


高山に着いて、まずは再びの「かつて」。今回はわらび餅と抹茶。お腹が空いていたので午後のおやつ。こういうお店で和菓子をいただくのは初めてだった。わらび餅はおいしい。

宮川の河川敷で一休み。

高山市図書館の中に入ってみる。ただ中を見るだけなのも勿体ないので、バルカン史や吹奏楽の指導書などを読んだ。

旅行に出かけて図書館で本を読んで過ごしたことがなかったので、不思議なかんじがする。早起きしたり日差しの強い中を歩いたり、少し疲れていたみたいで、荷物を降ろして読書スペースに座るのが心地よくて本を読み耽った。

日も暮れてきたので図書館を出ると思ったよりも寒いので上着を羽織る。天気予報で最低気温が1桁なだけあって冷え込みは厳しそう。

https://www.instagram.com/p/Ba_HNGqhjds/
凍えながら食べた

ホテルに向かう道すがら、地元の高校生がいたアイスクリーム屋さんで買い食いしてしまった。本当はこの空腹のまま夕食に向かおうと思っていたんだけど。

そこそこそっけない店員さんからチョコバナナナッツを受け取る。思ったよりもチョコは硬い。

ホテルで少し落ち着いてから夕食に向かう。悩んだけどとてもおいしかったので前に来たお店にまたやってきた。ウェイターのお兄さんが覚えてくれていて「またありがとうございます」って声をかけてくれた。

https://www.instagram.com/p/Ba_khfeBbYK/
飛騨牛(2)

グラスワインも一緒に頼んだ。いいお肉を食べていると、赤ワインと確かに合う気がするなって思った。酔ってきていたしよくわからなかったかもしれない。

ワインの量がけっこうあってお腹いっぱいになったので少し残してしまった。飛騨牛ステーキは最高においしかった。



帰り道、酔い覚ましがてらぐるぐる散歩しつつ写真を撮ってホテルに帰った。酔っているといろんなことがどうでもよくなって、写真を撮るときもかなりいろんなことがどうでもよくなる。

ホテルに帰って水を飲みながら、まだ酔いが覚めなかったので『氷菓』を見た。贅沢だなーもうちょっと見たいなーと思いながら、あまりにも眠かったので22時くらいに寝た。