読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高山

連休の谷間にあたる1日と2日にせっかく休みをとったので高山に出かけた。いい時期だし、前回訪れた時は天気も悪く時間も足りず不完全燃焼だったからまた訪れたいとは思っていた。

京都から高山まで

名古屋まで新幹線で出てから特急ひだに乗り換えた。普段仕事がある時よりよっぽど早起きした。

名古屋駅で在来線乗り換え口を出たら図らずしも『君の名は。』と同じアングルだったのでちょっと感動した。せっかくなので味噌カツサンドを買った。

「特急ひだ」と表示されていて「ワイドビューひだ」じゃないことに気がつきつつも表記揺れだと思い込み、深く気にせずグリーン車をとったけれど、中間に連結されていてちょっと戸惑った。

高山1日目

天気がよくて気持ち良かったけれど、気温のわりに日差しが強くて歩きまわっていたらかなり疲れた。


筏橋を渡ってから南下する。途中で杉箇谷神明社に寄った。

まだ桜が咲いていた。




念願の日枝神社。一の鳥居を抜けた先の傍の車道が『氷菓』のシーンままだった。ここにタクシー止まったなあ、と妙に感動した。

杉がたくさん植えられていて日差しが遮られたおかげでだいぶ涼しく、初夏の香りが満ちた境内でしばらく休んだ。人の往来はあるものの混雑とはほど遠く、京都の喧騒が遠く感じられた。

川を渡って、また歩いてさんまちの方に戻る。けっこう暑かったのでバスで戻ることも考えたけれど、ちょうど行き過ぎてしまったところで次は1時間半も後だったので諦めた。

再び20分以上歩いて筏橋の西詰に戻ってきた。


橋の近くで昼食を摂って休憩。日差しはどんどん強くなってきてかなり疲れた。この日差しのまま真夏になったら大変なことになりそう。

昼食を摂った店は店員が繁忙に慣れていなさそうな印象で、料理を運んだり待っている客を案内するのに行ったり来たりしていて、その熟れていない風が新鮮だった。飛騨牛バーガーは素気なく出された。

日陰で休んだものの思ったより疲れていて、もうしばらく別のところで休もうかと思うけど手頃なところも見つからないので、宮川朝市を歩きながら北にある桜山八幡宮を目指すことにした。

目指すと決めて顔を上げれば向こうに巨大な鳥居が見える。


「Tシャツ屋」の看板に「やばい」を書き足したい。


「だがし」と来たら「かし」まで書きたい。


小川の傍には桜がまだ咲いていて、すこしだけタイムスリップしたかのよう。



飛騨一ノ宮まで足を伸ばしたいけれど八幡宮を出てからゆったり歩いていたら目当ての電車を逃がしてしまった。

これも縁だと思うことにして「かつて」へ。

https://www.instagram.com/p/BTlH59ABKY4/
Instagram

2階の窓際の席に通してもらった。普通の喫茶店よりも静かで雰囲気のあるにも関わらず、畳が敷かれていて座りこむことができるからか、不思議と落ち着けた。

窓から向かいの建物に達筆で「産科婦人科」と書かれていてやけに立地の良い病院だなと思っていたら、単なる作品で建物とは関係なかった。

再び高山駅へ戻り、飛騨一ノ宮へ。この写真は飛騨古川の方を向いているので、実際に乗った電車は背中側に向かう。

無人駅で人もいないけれどきれいにされているためか、不思議と寂しい印象はなかった。少しずつ傾いてきた連休前の平日。


水無神社を目指して歩く。目的は神社だけれど、道中、宮川の川辺が美しい。



連休中に祭りがあるようでその設営がされていた。人のいない神社、ただ祭りの予感だけがあるというちぐはぐな様子がおもしろい。特に夕暮れ時の境内にできあがった即席のステージは西日に透ける薄膜の神秘さと裏腹に俗世めいていて笑えそうなほどだった。


神社を背にして東のほうへ出てみれば、文字通り桜の花道ができていた。

駅に戻る道すがらふと北を向けば遠くに冠雪した山を望んだ。国見山だろうか。

旭川も京都も盆地だけれども、これほどまでに表情豊かに山に囲まれる景色は見たことがない。

高山に戻ってから一旦ホテルにチェックインし、シャワーを浴びた。

せっかく遠出してきたので奮発して飛騨牛を食べようと思い立って店を探し、出向いた。

https://www.instagram.com/p/BTlpO86Beeb/
飛騨牛ステーキすごかった……

店員さんに「旅行ですか?」と話しかけられて一言二言の会話をしたけれど、さりげなくてまったく嫌なかんじはしなかった。

高かったしお店の雰囲気もそれに見合ったものでありながら堅苦しいところはなくて落ち着いていただくことができた。こんなにおいしいステーキは初めてだった……。

ホテルに帰る道程はすこし肌寒かったけれど春より前に戻るほどではなく、オレンジ色の街灯に静まり返った夜の空気で酔いを覚ましながら、ここで生まれ育つことを想像してみていた。