Withings Steel HR を買った

買った。

自分はシャワーを浴びる時間が長めで、だいたい45分〜1時間くらいなんだけど、どの工程でどれくらい時間がかかっているか計りようもなかったので気にしていなかったけれど、ふと防水の時計があったらよさそうだなと思って、買うことにした。

それは決め手であって、もともと活動量計は欲しいなと思っていた。スマフォで Google Fit とか入れておもしろがってはいたけれど、スマフォだけで取れる情報は知れている。

活動量計を探すにあたって次の点を重視した:

  • スマフォアプリを介して Web サービスに記録できること + API で各種指標をとれること
    • 言わずもがな
  • 心拍がとれること
    • 自分が疲れているとかは心拍によく現れる (ロードバイクに乗るときも心拍センサーの値を注視している)
  • 防水であること

主に Fitbit と Withings 製品から調べたのだけれど、防水は少なくとも両社の活動量計のラインナップでは標準となっていそうな一方、心拍センサーがあるかどうかがひとつの境目になっているよう。

意外と心拍センサーと防水を兼ね備えたモデルは少なく、現行だと Fitbit Charge HR か Withings Steel HR に限られるようだった。

Fitbit Charge HR でいいかなと思っていたけれど、周りで使っている人が多くて被ることがわかっていたし、Withings Steel HR はアナログなのでスマートウォッチ感が強く出ていないのと、電池持ちが圧倒的によいところを気に入って選んだ。

Withings Steel HR は満充電で25日間動くらしい。Fitbit Charge HR は5日間なので圧倒的な差がある。

普通の時計感覚でありながら防水でかつ各種センサーから心拍がとれてリアルタイムで確認できておもしろい。今日は雪かきして家に戻ったら心拍が100くらいに上がっていて運動直後という実感が得られた。

ヨドバシのポイントが余っていたのでヨドバシで買った。ヨドバシでは36mmの黒しか扱いがなかった。黒の盤面はオーソドックスでかっこいいからよかったと思う。