金沢には DFA 15-30mm F2.8 と DA★ 55mm F1.4 と DFA★ 70-20mm F2.8 を持っていった。

PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790

PENTAX スターレンズ 望遠単焦点レンズ DA★55mmF1.4 SDM Kマウント APS-Cサイズ 21790

で、金沢で撮った写真を焦点距離ごとに見てみると:

gyazo.com

  • 100mm: 27 (27.55%)
  • 24mm: 26 (26.53%)
  • 30mm: 13 (13.27%)
  • 55mm: 10 (10.20%)
  • 70mm: 9 (9.18%)
  • 20mm: 8 (8.16%)
  • 15mm: 3 (3.06%)
  • 26mm: 1 (1.02%)
  • 200mm: 1 (1.02%)

24-105mm みたいなズームが便利ズームとして売り出される理由がよくわかるなあ。しかし 20mm 以降の超広角は捨て難いから、まああったとしてなかなか買いはしないだろうし、買ったとしても DFA 15-30mm は持っていくだろうなあ。

DFA 15-30mm と DFA★ 70-200mm に加えて単焦点 (DA★ 55mm F1.4) という組み合わせは正解だった。街中は DFA 15-30mm でスナップできるし、金沢城では DFA★ 70-200mm が役立った。DA★ 55mm F1.4 は明るさがほしいとき、存在感を出したくないスナップにちょうどよい。

けど FA 31mm は持っていったほうがよかったなあと思う。DFA 15-30mm と焦点距離は被っているけれど、明るさとか写りとかぜんぜん違うし、スナップするときは 55mm より 31mm のほうがいいときもある。

これらを鞄に入れて持ち歩くとまあまあな重さになるけれど、バックパックに入れていたので肩は痛くならなかった。カメラにつけて持ち歩いているときが一番重かった……。それも DFA★ 70-200mm は重さに慣れない。

けど DC モーターでさっと決まる AF の使い勝手とか写りを思うと、なかなか手放せない。DFA 100mm Macro もいいレンズっぽいけど、置き換える類ではなさそうだなあ。

もっと気軽な小さいカメラでもとは思うけれど、光学機器なのでそれなりの画質を求めるとそれなりに大きさになっちゃうんだよなあ、ほらオリンパスの Pro シリーズをご覧よ……と自分に言い聞かせている。

逆にこれくらいで済むのか……という見方もある。

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

フジフイルムの XF 16-55mm くらいを見ると、ああ大差ないしむしろ手ぶれ補正あるからこっちのほうがトータルではいいわ、と溜飲を下げるのだった。