読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学生のころ吹奏楽部のころからホルンだけじゃなくていろんな楽器を吹いてみたいと思っていたし、実際にトランペットとアルトサックスを買って練習したりもしていた。

そういう器用でもない器用貧乏みたいなことをしていたのも、いろんなことを知るのがとにかく楽しくて仕方がないからだった。同じ金管だけど実際のところホルンとトランペットだと高音を出すのにどれくらい息の量や速さが変わるのかとか、木管のリード楽器のタンギングはどうするんだろうとか。

吹奏楽部はたくさんの楽器が一同に集まるのがお得だった。練習中に他のパートの指導を聞けるのがとにかくありがたい。指摘された内容が蓄積されるとエアリードだとこういう特性があるとか、クラリネットのここからここまでの音域はこもりがちなんだな、とか、そういうことがわかる。

演奏する曲の幅が広いのも楽しかった。自分からは聞かない・弾かないようなオールドポップスを知ることもできた。