高校の軽音部は楽しかったけどあまり部活っぽくなかった。

なんとなく高校も吹奏楽を続けていたらと考えてみる。もう吹かなくなって10年になる。通っていた高校はあまり熱心にやっていなかったので「もしも」を考えはじめてもいろんな要素が変わらないと、やっぱり吹奏楽はやってなかったかなと思う。

小中と続ける中で同じバンドで演奏していた人たちのことを思い出すと悪い記憶しかないけど、それでも「吹奏楽部」に良い思い出ばかりが残っているのはよっぽどあの形態で音楽を演奏することが楽しかったんだなあと今になって思う。

言い替えれば、仮に自分に子供がいたとして吹奏楽部への入部は強く勧めないだろうが吹奏楽は勧めるだろうと思う。勧めるというのもおかしな気がする。安心すると言ってもいいかもしれない。
市民バンドなんかでは、また別の面倒事もあるのかもしれないけど。