弘法筆を選ばずとはいうものの、道具が違っても同じ結果が出せるというよりかは、道具によるムラが少ないということなのかなという気もする。

暗いところでスマートフォンのカメラで写真を撮るとき、AF が合わなくていらいらして撮るのを諦めたりピントがあってないことを許容することがある。

そういうときにもうちょっとカメラ然としていたら楽なんだけどな、って思ってしまう。そんなもんだと思う。