読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子の写真のことについて考えてみるものの他人の行いについてどうこういうつもりはない。

子供と大人という言葉の上での区別が普遍的に用いられるように、人にはある時期までなんらかの隔たりがあると考えられている。

一定以上複雑な問題に対する能力がある人間を「大人」として区別するなら、そうでない人間を「子供」と呼ぶかもしれない。

曖昧な何かによって隔てて権利を制限したりあるいは移譲させたとき、不可逆な、取り返しのつかない影響をもたらすことについて想像力を持ってもいいのではないか。