中学生のときにダイアリーを書いていたアカウントは消してしまったけれど、やっぱりもったいなかったと思うし、たとえば数年後にはてなブログで日記を書き始めると内容からもしやあなたらid:ナントカさんではありませんか、と古いダイアリーの内容のバックアップと共にメールが来たりしたら、その瞬間は恐怖と驚きで脂汗が吹き出しそうだけれども、長い目で見たら尊いことだと思える気がする。