昔の自分の日記を読み返しながら、こんなやつが後に恋人ができたとか、恋人と別れた、とか、まっとうな人間っぽいライフイベントを同じ日記に書くことになるなんて、なかなか想像がつかなかったな、と思った。

死ぬ間際まで日記を書き続けて、自分の標本としてずっとインターネットに残したい。