写真を撮り始めてから今までとにかく量を撮ることを心がけている。

写真に限らず、何かについて不慣れで審美眼が養われていないときには別のやりかたをとる必要がある。

自分の手でたくさん写真を撮ってみて、その中から自分が「良い」と思うものを選ぶ。自分が選んだ「良い」写真について、何が良かったのかを知る。それを重ねることで審美眼を養っていく。

他人からのフィードバックだとかもあるけれど、基本的にはこういうサイクルを重ねて審美眼を養っていくのだと思う。