読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近、写真を撮るときの心構えが浮ついている気がしたのでここに書いておく。

撮りたい形、色、風景はあるけれど、より高いあるいは広い視点で考えたときのモチベーションは写真を撮り始めた頃から変わっていないように思う。

好きな写真を撮る人に近付きたい。

その人が写真を通して見たもの、考えたことがどんな風であるか、ということにとても興味を惹かれつつも理解できずにいる。その人があの時にどんなこと考えていたのか、どんなものを見たのか、ということをもっと知りたい。

どうすれば理解できるのかわからないけれど、ただ同じようにビューファインダー越しに風景を見つめてみれば少なくとも視線は共有できるのかもしれないな、と考えた。

日常のどこにその人が見た景色に似たものが潜んでいるのか、それを見つけるための訓練と言い替えられるのかもしれない。