明白に自分自身が幸せでないという自覚があるので、どれだけそのプロダクトが人を幸せにしていても素直に喜ぶことはできない。

嫌な思いをしたくないというモチベーションが日々の改善に繋っているけれど、「嫌な思いをしたくない」という動機がいつも・いつまでも能動的な行動に繋がるとは限らない。

つまり、いまの自分の気持ちは、たまたまそこでコードを書くという方向を向いているというだけで、そのすぐ隣には逃げ出す、やめる、という選択肢が常に横たわっている。

いつまでも自分の奇跡的な行動に甘えてられないよ。