JenkinsCI を行っている。

日頃、人の手でいろいろ行っている確認作業の類も Jenkins に任せたいので、設定やプラグインについてちょこちょこ調べているけど難しい。

難しい、というのはプラグインの書き方がどう、みたいな実際的な話ではなくて、もっと抽象的な思想だとかがよくわからない、ということ。

ソフトウェアには作られた動機、その設計を保つ理由があると思っていて、それらをひっくるめた思想のようなものをきちんと理解しないと、筋の悪いやりかたで手を入れることになって効率が悪い。

でも、そういう思想のようなものは、明文化されづらいので使いながら作者の気持ちを考えるみたいなことになる。

Jenkins の気持ちがわからない。