ちょっと前までは (たまたま) 自分のやりたいことが仕事になっていたというかんじだけど、今はそうではなくて、ただただソフトウェア製作の業の深さみたいなのを覗き込んでいるだけになっている。

現実としてそこにあっただけで自分が認識していなかっただけとも言える。