インターネットにあるさまざまなものは、2013年になっても消えたりしてしまって、また見たいと思っても叶わなかったりする。

それでも、たとえば Web 上に存在する誰かの日記をローカルに保存するなどして読もうという気持ちにならないのは、Web に存在しているということにも価値を感じているからだと思う。