多くの人々のあいだで広く共有されている (らしい) めでたいことがいくつかある。

結婚や懐胎、職や学位などを手にすること、などなど。

そういったものを祝うことに何も感じないが、強いられたくはない。

こういった社会通念みたいなものはとても邪悪だと思っていて、「祝うことを強いられたくない」という声をあげることで不寛容であるという謗りの視線を受けることがある。

他人の不寛容さに寛容でありたい。